マル高ママ日記 58 「マル高パパ日記」
こんばんは、はじめましてmimiの夫のchichi(チチ)でございます。

現在mimiが風邪をひいてダウンしておりまして、
ピンチヒッターで書かせていただきます。



みなさん児童図書の「ねないこだれだ」はご存知ですか?

a0095790_22572470.jpg


1969年初版ですからもう39年前の絵本です。

寝ない子は→お化けになって→お化けの世界に行っちゃう。
って内容なんですが・・・ 

これが怖いんです。
静かな怖さなんです。

更けゆく夜に音や空間がページの中に吸い込まれて行くような感覚を
持ったものです。

昔、親戚の家に泊まりに行った時にいとこのお姉ちゃんに
毎晩寝る前に読んでもらうのが好きでした。

「読んで欲しい」・・・でも「こわい〜」

今でも読んでくれていた時の声が思い出せるくらいです。



そんな絵本を去年ゴンタの誕生を機会に買い直していました。

で・・・ついさっきの事なんですが、1度寝に行ったゴンタがまた起きて来て
9時半を過ぎても寝ないので、始めてゴンタに「ねないこだれだ」を読んで
みました。


するとすると・・・効果てきめん!

「おばけ」なんて意味わかんないんじゃないか?と思ってましたが、
僕の声色もあってか、かなりびびってるじゃないですか!! 

僕が窓に向かって、

「おばけさん、もうゴンタくんは寝ますのでまだ来ないでくださーい!」

というと「ふえーん」と泣いています(笑)

「さあママの部屋にいってねかしてもらお!」(ゴンタはいつもママと寝ています)

と風邪で寝ているママのベットへ促します。
慌ててベットに戻るゴンタ、パパのしつけ成功です!!


この絵本だけじゃないですが、いい本は時代を超えるものです。

「ねないこだれだ」は是非!!

ではこのへんで。

a0095790_2259834.jpg

[PR]
by gonta-1113 | 2008-04-02 23:05